環境・設備

一級建築士 勉強スケジュール 環境設備

過去問をどんどん解いていくために

問題を解いている最中は、かく(後で確認の意味)とか、問題の〇×の横に書いておいて

ある程度問題を解き終わってから、一気に解答を見るようにしていました。

いっぱい”確”がついていますが、この方法でやるとどんどん過去問を解いていけます。 

そして、最終的に自分がよく間違える問題には、付箋(細いやつ)を貼っておいて、その問題だけを解くようにしました。

環境設備 防火・防音 チョチョットメモ程度にまとめる&暗記項目

□火災時の窓の形と延焼の関連性

□避難時の歩行速度と煙の流動速度

□特別避難階段の構造

□スプリンクラー設備の方式の違い

□低温式熱感知器と差動式熱感知器の違い

□煙感知器の設置場所

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA